白昼社とその周辺

白昼社と泉由良のお知らせブログです。

泉由良『ウソツキムスメ』

 泉由良『ウソツキムスメ』紙書籍版と電子書籍版がAmazonに揃いました。紙書籍版の委託店舗の方は考慮中です。弊社からの直通販は可能です。

装幀と挿画は冨田風子氏。巻頭カラー口絵付き文庫版、短篇集です。

ウソツキムスメ

ウソツキムスメ

ウソツキムスメ (白昼社)

ウソツキムスメ (白昼社)


『アイネ・クライネ・ナハトムジーク the forth person』
 白い建物で暮らす多重人格のモナミとその看護師の掌編。


『欠如のこと about my sixth hole』
 「僕」は欠けている、その欠如についての話。


『海に流す goodbye from seaside』
 「雨の降る海を見にゆこう」とデイトに誘って嘘を話す彼女について。


『落ちてくるくじら the fallen whale』
 夏の日、私は塀に座って従兄弟たちの帰りを待っていた。
 夏が好きな人は夏に死ぬ。私も夏に死にたい。
 台所でカルピスを飲みながら、くじらの降臨を想像していた。
 従兄弟たちが発見する、くじらの降臨。



『秋雨秋子』
 秋子は世界一周に旅立ってしまった、至って冒険心の強い私の妹だ。
 秋子から家に音沙汰が無いまま、1ヶ月以上が過ぎた10月の日のこと。


『ナナンタさんの鈴の音』
 子どもの頃、私の家の近所には「ナナンタさん」がいた。
 ナナンタさんは悲しいときには鈴を鳴らして呼べるようにと、
 成長する四季折々、私に何色もの糸の鈴を、それぞれくれた。
 子どもにとって、親とは違って無責任にまで奔放に愛してくれた、ナナンタさんの記憶。


『春眠』
 飾り窓のお姉さんを見つけたのは春だった。
 お姉さんはいつしか「おやすみなさい、」と云って、そしてもういなくなってしまった。
 冬を生き延びられない動物はそのあいだ眠って季節を越すとおおきくなってあたしは知った。 


『翳り』
 どうしてこんなに早く夏がいくのと私が云うと、夏至を過ぎたからねえと姉が云う。
 夏が翳り、嘘の話をする姉が怖いような気がした。
 狂おしく夏が恋しく、私たちは嘘と夏に狂ってゆく。夏が翳る。


嘘を吐いて生きてきた、大人になっていった、
嘘を吐くこの罪に巡る罰の恐怖に耐えられない、
嘘を吐く自分でしかいられない、生きていけない、
やっぱりまた嘘を吐いて、頽れそうそうで、
それでも、「あなたがおおきくなったことが嬉しい」と、云ってくれたひとがいた。

 こんな本です。文フリ京都(と云えば今年の1月ですね)から持ち込み始めて40部ほど売れていますが、市場にやっと出せたので、どうぞよろしくお願いします。

   

    


白昼社へ

ウェブ浮遊区域