白昼社とその周辺

白昼社と泉由良のお知らせブログです。

第二十二回文学フリマ東京に出店します。

 2016年5月1日に開催される第二十二回文学フリマ東京に、【白昼社】として出店して書籍などを販売します。ブース番号は「ア30」(アラサーと覚えると良いです。店主は31歳です)
 と、いう告知がぎりぎりで、もう本日なのですが……

 文学フリマはwebカタログというものがあって、ブースで販売している本を登録すると詳細が見られるようになっています。下記からちょっとご覧下さいませ。

 
 c.bunfree.net


 今回、4月14日に発生し、今も余震が続いている、
熊本・大分を中心とした震災への募金についてチャリティ販売を行います
 webカタログでの説明は下記。


 c.bunfree.net


 この本は、1999年(14歳のとき)に初めて書いた100頁ほどの処女小説です。2004年に縁あって旧新風舎の、新風舎文庫より発行されました。新風舎倒産後、最初に頂いていた著者献本分が手元に少部数残っています。今、白昼社から作っている書籍と違って印刷費などを掛けていないこともあり、
 今回この本の売上は日本赤十字社に全額送金する予定です。

 発売当時の定価600円より強気に、1500円と設定してありますが、Amazonでの価格は3000円になっていることもあり、ご理解頂けたらと思います。


 

夏の前、子どもの集会 (新風舎文庫)

夏の前、子どもの集会 (新風舎文庫)


 が、倍以上のお値段を取るということはやはり気が引けることです。又、処女作としてほぼリライトしないまま発行していた2004年から10年以上経った今、この本の改稿を始めています。時期は確定出来ませんが、旧版「夏の前〜」をご購入下さった方でご連絡先とご希望を下さった方には、リライトした『夏の前、子どもの集会』を上梓した際には献本致します。よかったら揃えてお手元に置いて下さい。

 今読み返しても、意外と今の傾向とは違っておとなの女性が主人公だったり、けれども実の自分には当時は書けない描写を巧妙に避けていたり、若書きというわけではありませんが初々しい一冊だと思います。と同時に、懐古的な気分だけではなく、小説を書いて売るのだと決めた頃の決意も、ありました。


   #

 ほか、東京の初売りは『文藝誌オートカクテル2015 耽美』と馬野ミキ詩集『子供の晩年』

 

文藝誌オートカクテル2015 耽美 (白昼社文藝誌オートカクテル)

文藝誌オートカクテル2015 耽美 (白昼社文藝誌オートカクテル)

  • 作者: 伊藤なむあひ,にゃんしー,赤木杏,ひのはらみめい(そにっくなーす),山本清風,牟礼鯨,霜月ミツカ,恣意セシル,ちょまっこりーな,馬場めぐみ,水銀,eb,泉由良,なかの真実
  • 出版社/メーカー: 白昼社
  • 発売日: 2015/10/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
 
子供の晩年

子供の晩年

 既刊は泉由良『すなこへ、』など。『すな子へ、』はこの判型が売り切れたら文庫化しようと思っています。装丁や中身の写真なども変わる可能性があるので、今、お手元にどうぞ。定価より安く600円に設定しています。

 

すな子へ

すな子へ

 紙書籍版『キャンディと王様』シリーズは、隣のブース「おとそ大学パブリッシング」さんにて、キャンディ〜の著者にゃんしー氏に直接販売して貰うようにお願いしたので、お隣「ア29」で買えます。3冊セットで買うと2割引です。


   #

 今回、文学フリマガイドブック通算第9号の編集を、8号に続き務めました。私は今回をもって編集の関係からは離れる予定ですが、今回も50冊近くを、秋山真琴編集長をはじめとする編集者3人で読み、コメントを書いています。お好みの本を見つけるガイドの一端になれば良いのですが。1冊200円です。


 c.bunfree.net


  #

 ほか、寄稿などあるのですが時間が無い(今、文フリ当日の朝の4時です!)のでごめんなさいすみません。文学フリマにいらっしゃる方は、ア30にて、お待ちしております。’緊張していますが……よろしくお願いします。

  


 


白昼社へ

ウェブ浮遊区域